シミに効く飲み薬がシミを消してくれる仕組み

 

シミって一体なにものなの?

 

シミは肌の奥でできてしまったメラニン色素が肌の表面にでてきた状態なのよ。

 

メラニン色素?

 

そう、メラニン色素。

メラニン色素ができてしまうのは主に紫外線で肌が刺激を受けた時にできるわ。
ほとんどのメラニン色素は肌のターンオーバーと共に排出されるんだけど、大きなダメージを受けたり長年蓄積されたものはなかなか排出できなくなっていくのよ。


 

へぇ〜

 

特に、年齢を重ねると共に肌のターンオーバーは上手にできなくなっていくのよ。

それでターンオーバーの感覚が長くなってしまって、長年蓄積されたメラニン色素が肌の表面にでてきてしまって、シミが目立つようになっていくってワケ。


 

なるほど!

それで歳を取るとシミが出てきやすくなるのね


 

そういうこと。

そこで、ビタミンやL‐システインなどが配合された薬で、身体の中からメラニン色素を排出するのを助けてあげるのよ。


 

栄養を摂るだけでいいの?

 

これらの栄養素は、血行を良くしてくれる効果があるの。

そうして肌を活性化させてシミの原因であるメラニン色素を排出すれば、シミは消えたり薄まったりするのよ。
シミだけじゃなくて、ソバカスや炎症性の色素沈着にも効果が期待できるわよ!


 

コスパ抜群♪シミを消す薬・実力ランキングへ

 

 

シミに効く塗り薬がシミを消してくれる仕組み

 

でも、肌の血行を良くするとかなら、塗り薬でもいいんじゃないの?

 

そうね、悪いとは言わないわ。

だけど、シミに効く『塗り薬』は飲み薬と仕組みが違っていて、肌を「漂白」してシミを消すというものばかりよ。


 

えっ?漂白?

 

そう、漂白。

美白化粧品などとは違って薬だからね。
化粧品よりも成分は高濃度で効果が期待できるわ。


 

へぇ〜。

同じシミの薬でも全然仕組みが違うのね。


 

特に、虫さされの跡やニキビなどの跡が残ってシミになってしまっているような、炎症性の色素沈着には効果が高いわ。

ピーリング効果がある「トレチノイン」という成分と、漂白効果のある「ハイドロキノン」という成分がシミに効く塗り薬として有名よ。


 

あっ、ハイドロキノンは通販で売っていたのを見たことあるわ!

でも、トレチノインって?


 

トレチノインは強い薬だから、市販されている薬には含まれていることはまずないのよ。美容整形外科などで処方してもらう必要があるわ。

だから見たことないんでしょうね。


 

そうなんだ・・・そんなにキツい成分なのね。

 

ゆきさんの言っている通り、ハイドロキノンを配合しているクリームは気軽に買えるわ。これだけでも徐々にではあるけれど、効果は期待できるわよ。

 

そうなんだ!

ちょっと買ってみようかな・・・。


 

でも、1つ気をつけてほしいことがあるの。

塗り薬は肌に直接つける薬だから、人によってはかぶれたり炎症を起こすなど肌荒れをする可能性もあるわ。
使っていて肌に異変を感じたら使用をやめて病院へ行ってね。


 

うっ・・・それはちょっと怖いかも。

私、肌そんなに強くないし。


 

だったら、飲み薬の方がいいかもね。

飲み薬だったらほとんどが栄養になるものだから、ちゃんと用量を守れば副作用はほとんどないわ


 

塗り薬と飲み薬では、シミへ効く仕組みが異なる

シミの飲み薬と塗り薬では、同じシミに効く薬でも大きく作用が異なります。

 

塗り薬はシミに直接アプローチするものなので、かぶれたり、炎症を起こしてしまう可能性があります。
これは、用量を守っていても起こり得る可能性が0ではないのが怖いところです。

 

飲み薬は、薬といってもほとんどが体の栄養になる成分ばかりです。
用量を守って飲めば、飲み薬よりも安全に使うことができるでしょう。

 

シミの薬を詳しく知る。効果を実感するために カテゴリトップに戻る

関連ページ

ビタミンだけでシミは消える?
美肌成分の代表的例といえば、ビタミン。しかし、ビタミンだけでシミはきえるものなのでしょうか?
背中のシミを薄くする方法。ガンコなシミは飲み薬で薄くする!
手が届かない・見えないがためにおろそかになってしまいがちな背中のシミケア。シミ飲み薬は効果はあるのでしょうか?
手のシミを薄くするなら。飲み薬で手の甲のしみをなくす!
手の甲にできたシミに、シミ飲み薬は効果はあるのでしょうか?手の甲にできるシミの原因と共にご紹介します。