シミに効く薬をお探しですね?

はじめまして。美容大好き。現役ナースのMarikoです。
お薬選びって難しいですよね。
続けて飲まないといけないから、そんなにコロコロ買い換えるわけにもいかないし。
実際どれを選んだらいいの?っていうかんじですよね。
(´・ω・`)

 

今、日本の国内メーカーが作っているシミやシワ・ソバカスに効果があるとされている薬だけでも、10種類以上あります。
でも、それらは値段も成分も少しずつ違います。
高いものにはいいもの物が入っています。安いとそれなり・・・。
ここでは、成分別を全て洗い出して、本当に実力があるシミケア薬だけをランキング形式で紹介しますね。

 

シミを消す薬・実力を比較

 

 

1位

2位

3位

4位

商品名

キミエホワイト

ロスミンローヤル

シミトール

トランシーノホワイトC

ビタミンC

(mg)

 

 

 

 

Lシステイン

(mg)

 

 

 

 

健康効果

 

 

 

 

特徴

 

 

 

 

価格(税抜)

 

 

 

 

送料+

 

 

 

 

総合評価

最安値

ページ

生まれ変わったキミエホワイトプラス

キミエホワイトプラス

 

キミエホワイトがリニューアルし、キミエホワイトプラスとなって発売されました。

 

  • 容器が小さくなり、1日の服用量が減った
  • 新成分が配合された
  • シミ消し効果はアップして、値段はそのまま

 

これまで、ライバル製品と比べても成分面で見劣りしていましたが、新成分パントテン酸カルシウムが加わったことで、ニキビや吹き出物、湿疹など肌荒れ全般にも効果を発揮するようになりました。
その反面、出血を止めるなどの効果がなくなり、より美肌効果を高める内容になったんです。

 

価格は据え置きなので、一度試してみる価値はありそうですね。

 

>>>キミエホワイトプラス最安値ページを確認する

 

ロスミンローヤルがなぜ選ばれるか?

ロスミンローヤル

 

ロスミンローヤルが人気の理由は、シミだけでなくシワにも効果がある点です。
薬を飲むことによって肌の新陳代謝を活性化し、シミの成分を皮膚の外側に押し出します。
また血液循環を活発にさせることで、皮膚本来の保水力を高めシワを改善させるのです。

 

ヒアルロン酸やコラーゲンを飲むなど、シワ対策をシミ対策と別で行っていた人は、ロスミンローヤル1本で両方可能になるわけです。

 

また、この理屈で言えば、毛穴のたるみ、黒ずみといった毛穴トラブルや、ニキビ跡のような肌トラブルにもアプローチしてくれることになります。
商品にはそう書かれてはいませんがカラダ内部から老化に立ち向かうことで、様々な肌の悩みを解決できるんですね。

 

>>>ロスミンローヤル商品ページはこちら

 

 

 

シミに効く飲み薬って本当にシミを消すの?

 

 

シミに効く飲み薬って本当に、顔のシミを薄くしてくれるのかしら・・・。
それに、どれを選んでいいのか、わからないわ。
口コミを見てもどれも同じような事が書いてあるし。


 

どうやらシミの飲み薬選びでお困りのようね。


 

え?!あなたは誰?


 

私はスキンケア大好きの現役ナース・Marikoよ。
あなたのように、アイテム選びで迷っている人をほっておけないの。


 

うわー!助かります。
じゃあ、お言葉に甘えて・・・。
シミを消す飲み薬って流行ってますけど、本当に効果があるんですか?
背中や手のシミににも効果があるって書いてますけど、イマイチ信用できなくて・・・。


 

健康な肌は紫外線を浴びると、表皮細胞がメラニンを生成してしまうの。
メラニン色素は、私達を紫外線から守ってくれて、皮膚がんなどを予防してくれる大事な働きをしてくれるの。
ただし、時間が経つと参加して色が黒くなってしまうわ。

 

若くてピチピチの肌なら、新陳代謝が活発だから、メラニンが肌の奥底に染みこむ前に、内部から新しい肌を押し上げてくれる。
だけど、年齢を重ねて、紫外線を浴びる機会も増えてくると、新しい肌が作られるスピードに、黒いメラニンが肌の奥に染みこむスピードに勝てなくなるの。

 

こうやってガンコなシミが作られていくわけね。


 

へぇ〜。じゃあ私達、アラフォー女性は、シミができるスピードに勝つことはできないんですか?


 

完全勝利はできないかもね。
でも、少なくとも食い止めることはできるわ。
それがこのサイトで紹介している、お薬たちよ。
まず、どの薬にも入っている成分が2つ。
Lシステインは黒色メラニンが作られるのは防いで薄くする効果があるの。
もうひとつ、ビタミンCにもシミを薄くする効果が期待できるわ。


 

じゃあ、LシステインとビタミンCがたっぷり入っている薬を選べばいいんですね。


 

それでも間違いではないけど、その2つだけでは十分とはい言えないわ。
例えば、肌の新陳代謝の促進。これにはビタミンCではなくEやB2、B6などが効果的。
新しい肌が早くできれば、シミが作られるスピードに勝てるものね。


 

新しい肌が作られるスピードが上がるってすごいですね!


 

あとは生薬配合のものもいいわ。
例えばトウキ。血行を良くしてくれるの。
あとは、シコン(紫根)などもホルモンバランスを整えてくれる。
どうしても、西洋医学だけだと偏りがちだから、有効成分+生薬っていうのが体に負担も少なくて、効果が期待できるの。


 

ありがとうございます!
選び方がよくわかりました。
今はサプリを飲んでいるんですけど、やっぱり薬のほうがいいんですか?
なんか、薬を飲み続けるのは副作用とかがありそうで・・・。


 

確かにサプリなら安心ね。
副作用をほとんど気にする必要はないから。
でも、ここで紹介している薬は、第3類医薬品といって、極めて副作用が少ないお薬なの。
通常、風邪薬や胃腸薬などは、第1類医薬品といって、薬剤師の指導がないと、買えない商品なんだけど、これらは、通販でも普通に買えちゃうの。

 

だから、あまりナーバスになる必要はないわ。
でも、もし何か他の薬を飲んでいるなら、飲み合わせには注意して。
判断ができなければ、お医者さんに相談してね。


 

そうですよね。
サプリって気軽に買いやすいですけど、本当に効果があるのかを実感するのに時間がかかるので、やっぱり医薬品のほうが信頼できますね。ありがとうございます!


 

安全安心に美白を続けていくために

副作用が気になるという方もいるでしょう。でも、ここで紹介しているお薬は第3類医薬品といって、極めて副作用が低い飲み薬になります。
なので、仮に数年間飲み続けても、体調に異常をきたすという可能性は薄いので、安心して利用してください。

 

最近では、医薬品の個人輸入なども流行っています。
値段も安価で、海外からネット注文で簡単に取り寄せることもできます。
ただし、中には副作用が強いものや、飲み合わせの悪い薬もあります。

 

いくらシミが消えても、体を害しては意味がありません。
健康的で、美しい肌を取り戻すためにも、安全性には気をつけた商品選びを心がけたいものですね。